スライドショー発表

スライドショー発表は、
YouTubeの画面で行ないます。

限定公開ページを使用

各発表ごとにYouTubeのページを設けます。限定公開に設定しますので、URLを知らない人(オンライン大会への参加申し込みをしていない人)は閲覧できません。

閲覧の仕方

スライドは、5秒ごとの静止画で構成されています。概要欄に目次がありますので、再生(>)をとめて一時停止(II)状態にして、ページをめくるようにご覧ください。一時停止(II)状態では、キーボードの「←」と「→」のキーで5秒ずつ画面を進行することができます。目次をクリックしたり、画面下部の進行バーでもページの移動は可能です。

質問と回答の仕方

質問とそれに対する回答は、YouTubeのコメント欄を使用します。コメントを書き込むためにYouTube(Google)のアカウントが必要です。大会参加前にアカウントを取得しておいてください。アカウントは複数持つことができるので、普段使っているアカウントを使用したくない場合は、別アカウントを取得しておいてください。


スライドショー発表される方へ

発表の準備

  • スライドを作成する

PowerPointまたはKeynoteを使用し、ワイド画面(16:9)で作成してください。

  • 動画に書き出す

 PowerPointまたはKeynoteの機能で簡単に書き出せます。その際、発表時に閲覧しやすいよう5秒ごとにスライドが自動で進むように設定してください。音声は加えません。

  • 目次をつくる

YouTube上にUPした際に、閲覧者が見やすいよう目次情報をYouTubeの概要欄に載せます。その情報を作成ください。

  • スライド動画を送付する

発表登録フォームで送付ください。

動画への書き出しができない場合、また、PowerPointやKeynoteが使えない場合は、PDFでの送付に対応しますので、メールでご相談ください。

発表登録について

参加申し込み(発表者締め切り11月末日)を行ったあとに、発表登録(〆切:12月7日)をしてください。

発表登録には、

  • 発表タイトル(40文字以内)
  • 発表者名(連名可)
  • 発表要旨(250文字以内)

が必要です。


参加申し込み(11月末日まで)

スライドショー発表登録(12月7日まで)

発表ファイルの送信(12月16日まで)

※ 注意 ※
スライドショー発表は、YouTubeを利用します。限定公開設定としますが、完全なセキュリティではありません。その点を踏まえて発表の準備をお願いします。

スライドショー発表の形式が生まれるまで。

通常の学会では、口頭発表のほかにポスター発表という発表枠があります。発表者はA0サイズのボードに研究内容や研究成果をまとめたポスターを貼り、参加者はそのポスターを見て周ります。発表時間が設けられていることが多く、その時は発表者はポスターの前に立って、説明をしたり、質問に答えたりします。同時に話ができるのは、5~10名ぐらい。気軽に質問をしたり、アドバイスをしたりできますし、発表者も大勢の前でプレゼンするよりプレッシャーがなく、多くのアドバイスをもらえる利点があります。
それを、オンラインで実現するにはどうしたらよいか?考えました。ポスターをWeb上にUPしても、一度に全部を画面に映すと字が小さくて読めませんし、拡大して見ようにも、画面のスクロールが縦横に必要で面倒です。そこで、大きなポスターではなく、スライドをUPするのが良いのではないかという結論になりました。
では、それをどうUPするか?質問やそれに対する回答なども、同じ画面で出来た方が便利です。ビデオを含めたいくつかのシステムやサービスを検討した結果、YouTubeが使いやすそうだ、ということになりました。

ご寄付のお願い

バードリサーチでは、全国の会員の方のご参加・ご協力を得ながら、鳥の調査や研究に関わる様々な活動を行っています。
いいことやってるね!と思っていただけるよう、これからも、がんばっていきます。