発表会場について

発表は、プログラムに発表スライドへのリンクをつけ、
それをみながらzoomのブレイクアウトルームでお話していただきます

会場イメージ

1
タイトル
○発表者氏名、共同発表者氏名、…

2
タイトル
○発表者氏名

3
タイトル
◯発表者氏名、共同発表者氏名…


今年の発表形式について。

従来の学会では、口頭発表のほかにポスター発表という発表枠があります。発表者はA0サイズのボードに研究内容や研究成果をまとめたポスターを貼り、参加者はそのポスターを見て周ります。発表時間が設けられていることが多く、その時は発表者はポスターの前に立って、説明をしたり、質問に答えたりします。同時に話ができるのは、5~10名ぐらい。気軽に質問をしたり、アドバイスをしたりできますし、発表者も大勢の前でプレゼンするよりプレッシャーがなく、多くのアドバイスをもらえる利点があります。
それを、オンラインで実現するにはどうしたらよいか?考えました。A0サイズのポスターをWeb上にUPしても、一度に全部を画面に映すと字が小さくて読めませんし、拡大して見ようにも、画面のスクロールが縦横に必要で面倒です。そこで、大きなポスターではなく、スライドをUPするのが良いのではないかという結論になりました。
いくつかの方法を検討した結果、今年は発表スライドを大会ページに貼り付け、
それを見ながらzoomブレイクアウトルームでお話していだくという形式を採用しました。