口頭発表

口頭発表される方へ、お願い。

トラブル回避のため、スピードテストを行ってください。

口頭発表の発表登録フォームに、スピードテストの値を入力してもらいますので、事前にテストをお願いします。4つの値をすべてメモしておいてください。

USEN GATE 02 インターネット回線スピードテスト

https://speedtest.gate02.ne.jp/

をご利用ください。

起動アプリは必要最小限に。

Zoomと画面共有するアプリケーション以外は、オフにしておいてください。講演中にPCに負荷がかかり、動作が不安定に(PING値が大きく)なることがあります。スピードテストの結果にも影響を与えます。

ルーターの近くにPCを。

自宅で無線LANを利用している場合、ルーターと離れた部屋だと、接続が不安定に(jitter値が大きく)なります。通信速度の最大値(download/upload)が高くても、実際は短い時間で早くなったり急に遅くなったりしていることも。ぷつりと切れる瞬間が、あなたの発表時間を奪う結果に。

発表動画を用意して
トラブル回避。

スピードテストの結果が良くない場合は、対策として、事前に発表動画※を事務局にお送りください。当日の発表はお送りいただいた動画を事務局で再生して行います。発表後の質疑はZoomで他の口頭発表と同じように行います。

※発表動画はZoomの機能で簡単に作成できます。

口頭発表の発表準備と発表登録

口頭発表の準備

  • 発表時間

12分発表+5分質疑です。
発表と発表の間は3分しかありません。円滑な運営のため、12分以内で発表が終えられるよう、準備や練習をお願いします。

  • 映写(画面共有)ファイルを作成する

PowerPoint、Keynote、PDFで作成してください。横縦比は標準(4:3)を推奨します。標準サイズモニタで発表する方が、ワイド(16:9)の資料を作成すると、Zoomでの画面共有時に実際より小さく表示されて、見づらくなります。
どんなアプリケーションを使っても、Zoomの画面共有は可能ですが、複数のアプリケーションを使用して途中で画面を切り替えると、思わぬトラブルの原因となるため、ひとつのアプリケーションで完結するよう作成してください。

  • スピードテストを行う

https://speedtest.gate02.ne.jp/


  • 発表動画を作成する(速度が遅い場合)

Zoomの機能で録画してください。スライドショーを開始して、画面共有にし、画面上部のメニューの一番右のアイコンからプルダウンメニューを開き、「レコーディング」(赤矢印のところ)をクリックしてください。ショートカットキーで「Ctrl+R」でも録画の開始と停止ができます。録画後、Zoomを終了すると、動画ファイルが生成されます。
うまく発表動画を作成できない場合は、事務局が協力しますので、メールでご相談ください。

口頭発表の発表登録について

参加申し込み(発表者締め切り11月末日)を行ったあとに、発表登録(〆切:12月7日)をしてください。

口頭発表の発表登録には、

  • 発表タイトル(40文字以内)
  • 発表者名(連名可)
  • 発表要旨(250文字以内)
  • スピードテストの結果

が必要です。


スピードテストの値を入力してもらいますので、事前にテストをお願いします。

スピードテストの結果が悪かった場合は、作成した発表動画を発表登録後に発表ファイル送信フォームで送付ください。


参加申し込み(11月末日まで)

口頭発表登録(12月7日まで)

発表ファイルの送信(12月16日まで)

※ 注意 ※
口頭発表は、ZoomをYouTubeにライブ配信することを予定しています。YouTubeは限定公開設定としますが、完全なセキュリティではありません。その点を踏まえて発表の準備をお願いします。

ご寄付のお願い

バードリサーチでは、全国の会員の方のご参加・ご協力を得ながら、鳥の調査や研究に関わる様々な活動を行っています。
いいことやってるね!と思っていただけるよう、これからも、がんばっていきます。